• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Authors and Contributors著者・訳者紹介

    • 氏名
    • ワシントン・アーヴィングワシントン・アーヴィング 
  • プロフィール

    ワシントン・アーヴィング(Washington Irving)

    アメリカのロマン派文壇の大御所ワシントン・アーヴィングは文壇デビュー作の『ニューヨーク史』(1809)においてユーモアや軽妙な諷刺で才気を発揮した後、1815年にイギリスに渡ってからは牧歌的でスケッチ風の物語や神話伝説の独自の世界を描いた短編集『スケッチ・ブック』(1819-1820)で一世を風靡した。また、スペインに舞台を移してからは、旺盛な創作意欲とイスラム文化への傾倒を遺憾なく示した力作『アルハンブラ物語』(1832)に代表される歴史文化の分野でも意欲的に文学活動を展開した。アメリカ帰還後は自らの西部旅行の体験や有用な史料に基づく開拓史的な要素を漂わせる『アストリア』を経て、晩年は念願としていた畢生の作品『ジョージ・ワシントンの生涯』(1855-59)の執筆に没頭してこれを完成した。

関連作品一覧

  • RipVan-H1_obi_green_0807
    ワシントン・アーヴィングのリップ・ヴァン・ウィンクル
    本体1,500円+税
    出版年月日:2021年10月20日
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop