• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Authors and Contributors著者・訳者紹介

    • 氏名
    • 山野ヤマノ 浩一コウイチ
  • プロフィール

    山野浩一(やまの・こういち)

    1939年大阪生まれ。関西学院大学在学中の1960年に映画『△デルタ』を監督。1964年に寺山修司の勧めで書いた戯曲「受付の靴下」と小説「X電車で行こう」で作家デビュー。「日本読書新聞」や「読書人」のSF時評をはじめ、ジャンルの垣根を超えた犀利な批評活動で戦後文化を牽引した。1970年に「NW―SF」誌を立ち上げ、日本にニューウェーヴSFを本格的に紹介。1978年からサンリオSF文庫の監修をつとめ、SFと世界文学を融合させた。血統主義の競馬評論家、『戦え、オスパー!』原作者としても著名。著書に『X電車で行こう』(新書館)、『鳥はいまどこを飛ぶか』(早川書房)、『殺人者の空』(仮面社)、『ザ・クライム』(冬樹社)、『花と機械とゲシタルト』、『レヴォリューション』(以上、NW―SF社)、『山野浩一傑作選』(全2巻、創元SF文庫)ほか。2017年逝去。没後、第38回日本SF大賞功績賞を受けた。

関連作品一覧

  • Zezbo_cvr-H1_1117
    いかに終わるか
    本体2,500円+税
    出版年月日:2021年12月27日
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop