• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

近刊
テッド・ヒューズ詩集 カラス
その生と歌より
  • カラスに表される、善と悪、愛と憎しみ、神と人間。
    著者・訳者
    著者:テッド・ヒューズプロフィール
    訳者:木村 慧子プロフィール
    訳者:山中 章子プロフィール
    ジャンル イギリス文学, 詩集
    出版年月日 2024年8月30日
    ISBN 978-4-86780-052-2
    判型 四六判並製
    ページ数 208
    定価 本体2,600円+税
    在庫 予約受付中

    人間は人間になれず神は神になれなかった。
    その苦悶は
    大きくなった。
    カラスは
    にやりとして
    叫んだ──
    「これがおれの創造だ」
    (「最も黒くなったカラス」)

    イギリスの桂冠詩人、テッド・ヒューズが
    妻シルヴィア・プラスの自死、恋人のアッシアと娘のシューラの心中を経て
    善と悪、愛と憎しみ、神と人間について著した詩集。
    カラスは悪の化身か、神の遣いか、ヒューズ自身か……。

    †目次†

    ふたつの伝説
    系図
    子宮の出口での試問
    殺し
    カラスとママ
    戸口
    子供のいたずら
    カラスの最初のレッスン
    カラス 下界に降りる
    そのとき
    カラス 運命が扉を叩くのを聞く
    カラス=ティラノサウルス
    カラスの戦場報告
    黒い獣
    にやりとした笑み
    カラス 聖体を拝領する
    カラスの聖ジョージ物語
    ある災害
    前頭骨の攻防
    カラスの神学
    カラスの墜落
    カラスと鳥たち
    犯罪者のバラード
    海辺のカラス
    挑戦する男
    オイディプス=カラス
    カラスの虚栄心
    恐るべき宗教上の過誤
    カラス メディアを試す
    カラス 神経を病む
    笑いのなかで
    カラス 不満をもつ
    魔術の危険
    コマドリの歌
    天での呪文
    カラス 狩りに行く
    フクロウの歌
    カラスの裏歌
    カラスによる象のトーテムの歌
    夜明けのバラ
    カラスの遊び仲間
    カラスの本性
    その微笑み
    カラス 即興で作る
    カラス色
    カラスのすさまじい戦闘
    最も黒くなったカラス
    復讐物語
    お伽話
    カラスの自分自身の歌
    カラス 病気になる
    男根の歌
    リンゴの悲劇
    カラス 中国の壁画に自分を描き込む
    カラスの最後の抵抗
    カラスと海
    真実は万人を殺す
    カラスと石
    古代の銘板の断片
    小さな芝居のための覚え書き
    蛇の讃歌
    ラブソング
    一瞥
    腐肉の王
    エスキモーの歌 二篇
    哀れな命

  • ご注文

2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop