• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

新刊
英国若者文学論
国家が拡張をあきらめたとき、 若者はどのように大人になっていくのか
  • 帝国主義から福祉国家へ。若者の成長を描く文学を読み解く。
    著者・訳者
    著者:川島 健プロフィール
    ジャンル イギリス文学
    出版年月日 2022年5月6日
    ISBN 9784-909812-86-5
    判型 A5判並製
    ページ数 346頁
    定価 本体2,900円+税
    在庫 在庫あり
    若いってことはこんなかわいい小さな機械みたいなものだ。
    (『時計じかけのオレンジ』より)

    戦争・階級・歴史からの脱却と解放。 

    イギリスが帝国主義から、第一次・第二次世界大戦を経て 福祉国家へと変化するなかで、
    どのように成長すべきか思案する若者たちの姿を文学に見る。

    19世紀後半から20世紀中期のイギリス。
    文学に描かれる若者たちとかれらの成長に 時代の価値観や国家のあり方はどのように投影されてきたのか。

    【主な目次】

    第一章 夢と地理学:ラドヤード・キプリング「ブラッシュウッド・ボーイ」

    第二章 帝国主義の美学:オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』

    第三章 冒険と中産階級:J・M・バリー『ピーター・パン』

    第四章 第一次世界大戦の若き詩人たちと戦場のジェンダー:ルパート・ブルック、ロバート・グレーブズ、ウィルフレッド・オウエン

    第五章 陽気な若者たちと狂乱の一九二〇年代:イーブリン・ウォー『卑しい肉体』

    第六章 豊かな時代の怒れる若者たち:ジョン・オズボーン『怒りを込めて振り返れ』

    第七章 不良少年の誠実と忠誠:アラン・シリトー「長距離走者の孤独」

    第八章 母と娘のキッチン:アーノルド・ウェスカー『ルーツ』

    第九章 戦後若者たちの戦争:アラン・シリトー『土曜の夜と日曜の朝』

    第一〇章 都市と若者と人種暴動:コリン・マッキネス『アブソリュート・ビギナーズ』

    第一一章 若者たちの選択の力:アントニー・バージェス『時計じかけのオレンジ』

  • ご注文

2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop