• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

新刊
エヴァンゲリオンの精神史
  • エヴァ(と取り巻く現象)というテクストは、マニエリスム的読解を求めていた。
    著者・訳者
    著者:小野 俊太郎プロフィール
    ジャンル 文芸 文化 サブカル
    出版年月日 2022年4月25日
    ISBN 978-4-909812-82-7
    判型 A5判並製
    ページ数 410
    定価 本体2,900円+税
    在庫 在庫あり

    月/『神曲』/パッチワーク/コラージュ/引用/モザイク/改変/戦後/負い目/ドーナツの穴/ループ/リピート/逸脱/縫合/転回/天使/メタフィクション/編集/遅延/マルチエンディング、

    そして、過去の継承未来への改変・・・・・・。

     エヴァ(と取り巻く現象)というテクストは、
    マニエリスム的読解を求めていた。

     

    [文化/評論]

    目 次
    ——————————————————

    序章 完結しても閉じない物語

    複数の結末をもつ物語 /多くの引用と借用 /全体を貫くペンペンの役割 /並走する複数の作品 /全体の構成


    第1部 出発点と完結まで

    第1章 すべての出発点
    ◎1 企画書から始まった
    出発点としての企画書 /企画意図と人類補完計画 /各エピソード /メモの具現化 /高畑勲との関連
    ◎2 エヴァンゲリオンとの交差点
    エヴァンゲリオンとの出会い /放送時間枠とのつながり /林原めぐみのイメージ /中学二年生という設定 /プロデューサーの役割 /マッチョなヒーロー像の解体

    第2章 竹取物語として
    ◎1 月に憑かれた作品
    月がコラージュされた作品 /ヤシマ作戦と月 /月が見守っている作品 /私を月まで連れて行って /セーラームーンとの関係
    ◎2 竹取物語としてのエヴァンゲリオン
    物語素としての竹取物語 /ウルトラマンAとの関係 /かぐや姫としてのレイ /富士山と竹取物語


    第2部 書き始められたテクスト

    第3章 コックピットに搭乗すること
    使徒の襲来 /ロボットに搭乗するまで /コックピットに座ること /マジンガーZとの関係 /ガンダムとの関係 /パトレイバーとの関係 /第壱話の意義

    第4章 シンジと搭乗させる大人たち
    ◎1 使徒と搭乗の拒否
    使徒出現とのシンクロ /ダミーに満ちたテクスト /繰り返される搭乗拒否
    ◎2 特攻と生き残った者たちの負い目
    特攻を強要する大人たち /生き残り者の負い目 /ゲンドウと亡き妻 /ミサトと失われた父 /赤木リツコと母親 /碇ユイの誘惑

    第5章 使徒と堕天使
    ◎1 天使と使徒の間
    天使としての使徒 /ふしぎの海のナディアとの関係 /天使のたまご /襲来する使徒の役割
    ◎2 使徒を撃退する者たち
    「謎の円盤UFO」との関係 /オペレーターや上官としての女性
    ◎3 堕天使としてのEVA
    堕天使ルシファーの系譜のなかで /永井豪と小松左京と『神曲』 /テストタイプから量産型へ /ハルマゲドンとエンディング

    第6章 食らうものと食われるもの
    ◎1 弁当をめぐる錯誤
    エヴァ飯の不在 /二種類の弁当 /稲とスイカ
    ◎2 人身御供
    使徒としてのEVA3号機 /貪り食らうEVA /体内消化と嘔吐 /胎内回帰と再生産 

    第7章 最終二話の意味するところ 
    ◎1 裏切りか、結末の遅延か
    未知の群衆との遭遇 /文字の多用 /反復される審問 /メタフィクションの視点
    ◎2 テレビシリーズの完結としての最終話
    歴史の回顧として /アニメ史の技法的な回顧 /『桃太郎 海の神兵』への応答 /『ファンタジア』への応答


    第3部 書き足され、書き直されたテクスト

    第8章 新生から終劇へ
    ◎1 編集とマネジメント
    予告編と二つのエヴァ /予算とスケジュール /エピソードとスタッフの配置
    ◎2 「DEATH編」という総集編
    シリーズにおける総集編 /カノンという規範 /テーゼとカノン
    ◎3 「夏エヴァ」の新生と終劇
    シト新生さらにエヴァの終劇 /それぞれの決着
    ◎4 シンジのヰタ・セクスアリス
    十四歳のヰタ・セクスアリス /エロスとタナトス

    第9章 並走するマンガ版
    ◎1 誘導から逸脱へ
    もうひとつのエヴァンゲリオン /出発点の違い /削除された使徒たち /シンジと仲間たち
    ◎2 キャラクター間の距離
    アスカとの関係 /レイが抱える距離 /代理の父としての加持 /フィフスチルドレン /シンジとゲンドウの関係
    ◎3 夏から冬へ
    冬のエンディング /天使たちの昇天

    第10章 折れてつながるテクスト
    ◎1 整理から逸脱へ
    再構築か新築か /リメイクの流れのなかで /新劇場版とスクリーンの拡張 /失ったものと見つけたもの /使徒とEVA
    ◎2 接続と連結
    ネットワークと結縁 /異能者とシンクロ率 /列車と心象風景
    ◎3 転回しながらつながる物語
    螺旋とメビウスの輪 /赤と青の反転

    第11章 過去の継承と未来への改変
    ◎1 シン化する未来へ
    選択をさせるために /人類補完機構と未来史 /未来史と日常生活の可視化 /継ぐのは誰なのか
    ◎2 碇一家の解体
    イカリという名字 /碇ゲンドウの一家
    ◎3 世界の浄化と第3村
    赤い海から青い海へ /トトロと第3村 /第3村というヒカリ /廃墟とゴミの問題
    ◎4 原動力の交替
    シをシン化させる /港のエンディング /新たなシ者としてのシンジ

    終章 足跡を残すために
    マルチエンディングとして /ドーナツの穴を楽しむ /夏を終えるための物語 /シンジ、大地に立つ

    あとがき

    主要参考文献

  • ご注文

2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop