• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

近刊
新版 屍の街 他11編 
大田洋子原爆作品集
  • 「戦後」は続いている。現在を「戦前・戦中」に変えないため、
    一人でも多くの人に読んでもらいたい。

    著者・訳者
    著者:大田 洋子プロフィール
    編著:長谷川 啓プロフィール
    ジャンル 日本文学/作品
    出版年月日 2024年7月31日
    ISBN 978-4-86780-054-6
    判型 A5判並製
    ページ数 424頁
    定価 本体3,000+税
    在庫 予約受付中

    「戦後」は続いている。

    現在を「戦前・戦中」に変えないため、

    一人でも多くの人に読んでもらいたい。

    唯一の被爆国である日本で、
    194586日の朝、広島で被曝して以来、
    原爆小説を書き続けた大田洋子の作品を通して、
    戦争を起こしてはならないことを実感するために。

    「今度の敗北こそは、日本をほんとうの平和にするものであってほしい。」
    (「屍の街」より)

    *本書は2020年8月に刊行された『大田洋子 原爆作品集 屍の街』の新装、解説を更新し「新版」として刊行するものです。上製から並製に変更されています。収録作品は12編のままですが、本文レイアウトの変更により、頁数が圧縮され、本体価格は3,000円となります。

    【収録作品】
    河原
    牢獄の詩
    屍の街
    過去


    どこまで
    暴露の時間
    ほたる
    半人間
    残醜点々
    ある墜ちた場所

    【解説】
    「原爆の記憶が今日問いかけるもの――忘却の時代に抗して」(長谷川啓)
  • ご注文

2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop