• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

近刊
天蓋都市ヒカル
  • AIが創作可能なこの時代、作家は果たして生き残れるか?
    43回日本SF大賞受賞作家が仕掛けた実験小説
    著者・訳者
    著者:荒巻 義雄プロフィール
    ジャンル SF 作品
    出版年月日 2024年7月12日
    ISBN 978-4-86780-046-1
    判型 四六判並製
    ページ数 268頁
    定価 本体2,200円+税
    在庫 予約受付中
    90歳のSF作家 VS. AI
    ChatGPTに小説を書かせてみた荒巻義雄は、
    同じ題材で小説を書くことにした。
    AIが創作可能なこの時代、作家は果たして生き残れるか?
    43回日本SF大賞受賞作家が仕掛けた実験小説

    第一部 ChatGPTによるSF小説の創作支援は可能か

    Ⅰ はじめてのChatGPT

    仮題『ARの陰謀』AI作家 チャット・著

    Ⅱ ChatGPTは絵画を鑑賞できるか
    Ⅲ 建築印刷と建築基準法
    Ⅳ なぜ、ChatGPTはこのようなことができるのか
         —大規模言語モデルの謎
    Ⅴ 創作開始

    第二部 『天蓋都市ヒカル』創作編 荒巻義雄・作
    第Ⅰ章 拡張現実(VR)の街
    第Ⅱ章 大規模プリントタウン詐欺事件
    第Ⅲ章 サイボーグCEO
    第Ⅳ章 秘密の絵画工房と記号設置問題
    第Ⅴ章 漆黒の麗人警部
    第Ⅵ章 ゴールデン・ミカド・カジノの狂宴
    第Ⅶ章 〈ヒカル〉のディオゲネス
    第Ⅷ章 キングの正体
    あとがき—作家は生き残れるだろうか

      解説 ChatGPTと創作/安田圭一

      用語解説

      『天蓋都市ヒカル』全登場人物一覧

  • ご注文

関連書籍

海没都市TOKIYO
本体(2,600円)+税
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop