• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

近刊
人間襤褸/夕凪の街と人と
大田洋子原爆作品集
  • 被爆後の市井に生きる人々の姿を活写した代表的長編『人間襤褸』『夕凪の街と人と』ほか、短編「半放浪」、そしてエッセイ九編を収録。
    著者・訳者
    著者:大田 洋子プロフィール
    編著:長谷川 啓プロフィール
    ジャンル 文芸 日本文学(作品)。
    出版年月日 2021年8月11日
    ISBN 9784909812674
    判型 A5上製
    ページ数 508
    定価 本体3,600円+税
    在庫 予約受付中

    「原子爆弾は近代の世界的な性格破産を示したものだ。
    人類はこれからもっと崩れて行き、
    最後に精神を破産させてしまうのではないか」
    (『人間襤褸』より)

    被爆後の市井に生きる人々の姿を活写した
    代表的長編『人間襤褸』『夕凪の街と人と』ほか、
    短編「半放浪」、そしてエッセイ九編を収録。
    大田洋子の作品は、決して忘却してはいけない、
    被爆者の記録そのものである。

    人間襤褸

    夕凪の街と人と

    半放浪

    海底のような光――原子爆弾の空襲に遭って

    一九四五年の夏

    『屍の街』序

    作家の態度

    生き残りの心理

    文学のおそろしさ

    ノイローゼの克服

    行進――死者の魂への共感

    十五年たったというけれど

    【解説】

    「忘却できぬ原爆の記録の継承
    ――今を問い未来に発信する烙印としての表象」

    (長谷川啓)

  • ご注文

関連書籍

屍の街
本体3,500円+税
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop